ウォーターサーバーの衛生面は大丈夫?除菌機能や定期メンテナンスのあるサーバーを紹介

  • 「ウォーターサーバーの衛生面はどうなっているの?」
  • 「サーバー内部に雑菌やカビが繁殖したりしない?」

と不安を感じている方は多いのではないでしょうか?

ウォーターサーバーの導入を考えている方にとって、衛生面は気になることの1つでしょう。

安全で綺麗な水を届けるために各サーバー会社が取り組んでいることや、ウォーターサーバーの衛生面について解説します。

除菌機能や定期メンテナンスのあるサーバーも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

ウォーターサーバーの衛生面は問題なし

ウォーターサーバーは、清潔な状態を維持できるように、さまざまな工夫がされています。

ウォーターサーバーの衛生面が問題ないと言える、3つの理由は以下の通りです。

  1. 定期的にメンテナンスをしている
  2. サーバー本体が衛生的
  3. セルフメンテナンスが簡単

それぞれ解説します。

①定期的にメンテナンスをしている

定期メンテナンスを実施しているウォーターサーバーの場合、1年~2年を目安にメンテナンスが行われます。

専門スタッフが自宅まで訪問したり、回収して内部の清掃や消耗した部品の交換をしたりします。

メンテナンスの内容は、サーバー会社や機種によって異なります。

「プレミアムウォーター」の場合は、9,130円(税込)で以下の内容の訪問メンテナンスを行っています。

  • サーバーの状態をチェック
  • 内部洗浄
  • 本体とボトル差込口の清掃
  • 冷温水コックの清掃
  • 水受け皿の清掃
  • 電源状態の確認
  • 放熱板の清掃

別途費用はかかりますが、定期的にメンテナンスしてもらえると安心して使用できます。

ウォーターサーバーを選ぶ際は、定期メンテナンスの内容や費用もチェックしておきましょう。

②サーバー本体が衛生的

サーバー本体のメンテナンスは、定期的に必要な機種もあれば、不要な機種もあります。

専門的なメンテナンスが不要なタイプは、本体にクリーン機能がついていたり、時期がきたらサーバーごと交換してもらえたりします。

クリーン機能がついている機種は、自動もしくはスイッチを押すだけで、サーバー内部の配管やタンクの除菌が可能です。

③セルフメンテナンスが簡単

ウォーターサーバーは、セルフメンテナンスも大切です。

サーバー本体は、基本的に自宅で簡単に掃除ができます。

一部の部品は取り外せたり、軽く中性洗剤で洗うだけで綺麗になったりと、時間もそれほどかかりません。

掃除用具は、スポンジや綿棒・ふきん・中性洗剤・アルコールスプレーなど、自宅にある物で綺麗になります。

ウォーターサーバーを衛生面で選ぶときの3つのポイント

ウォーターサーバーは、清潔を維持できる工夫がされているので、正しく使えば衛生面は心配ありません。

しかし、なかには衛生面を何よりも重視して選ぶ方もいると思います。

衛生面をより厳しくチェックしたい方は、以下の3つのポイントを確認しましょう。

  1. ワンウェイ方式(圧縮構造のボトル)を選ぶ
  2. クリーン機能がついているものを選ぶ
  3. フィルターがついているものを選ぶ

それぞれ解説します。

①ワンウェイ方式(圧縮構造のボトル)を選ぶ

ウォーターサーバーのボトルは、使い捨ての「ワンウェイ方式」と、返却して再利用する「リターナブル方式」のどちらかが採用されています。

より衛生面に配慮するなら、ワンウェイ方式を選びましょう。

ワンウェイ方式なら、水が減るとボトルが圧縮されるので、雑菌を含む空気が入りにくいからです。

②クリーン機能がついているものを選ぶ

衛生面が気になる方は、サーバー内部の除菌ができるものを選びましょう。

クリーン機能が搭載されているサーバーなら、定期的にサーバー内部を除菌できるので安心です。

「水を循環させて水の滞留を防ぐ」「温水を循環させて熱殺菌する」「殺菌効果のある紫外線を照射する」など、クリーン機能の内容はサーバーによって異なります。

③フィルターがついているものを選ぶ

細かいチリやホコリがサーバー内に侵入しないように、フィルターがついているサーバーもあります。

衛生面でより安心できるウォーターサーバーを選ぶなら、「ワンウェイ方式」「クリーン機能」「フィルター機能」の3点に注目するとよいでしょう。

衛生面で安心できるウォーターサーバー5選

数あるウォーターサーバーのなかから、衛生面により配慮しているサーバー会社と機種を紹介します。

フレシャス

フレシャスは、天然水ならではのおいしさとサーバーのデザイン性・機能性の高さが、高く評価されているウォーターサーバーです。

圧縮構造のボトル

全機種対応

フレシャスは、パック式とボトル式の容器を採用しています。

どちらも圧縮構造で、空気が入りにくい容器です。

水が外気に触れにくいので、雑菌の侵入を防げます。

2種類のメンテナンス機能

FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)
FRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)

FRECIOUS dewoとFRECIOUS Slatには、2つのメンテナンス機能がついています。

オートピュアキープシステム:温水を配管内に循環させて清潔な状態を維持する。5日に1回、自動的に作動する
フレッシュモード:温水をタンクと配管内に循環させて、サーバー内部の雑菌を殺菌する機能です。30日間隔で自動的に作動する

UV-LED殺菌機能

FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)
SIPHON+(サイフォンプラス)

FRECIOUS dewo miniとSIPHON+の2機種には、UV-LED殺菌機能がついています。

これは、サーバー内部を定期的に紫外線で照射して殺菌する機能で、作動中でも冷水・温水の給水ができます。

アルピナウォーター

アルピナウォーターは、水代が安く購入ノルマがないことで人気のウォーターサーバーです。

最低利用期間が1年と、他社サーバーよりも短い点も特徴です。

無料でウォーターサーバーを交換

全機種対応

アルピナウォーターは、スタンダードサーバーとエコサーバーの2機種を用意しています。

どちらも無料で、定期的にサーバー本体の交換をしています。

サーバー本体の交換時期は以下の通りです。

スタンダードサーバー:2年に1回
エコサーバー:4年に1回
※水素水サーバーの定期メンテナンスは2年ごとで、別途費用6,600円(税込)がかかります

定期的に、サーバーを無料で交換してもらえるので衛生的です。

しかし、2年~4年ごとの交換だと、長期間の使用中に衛生面で不安を感じる方もいるでしょう。

アルピナウォーターはRO水なので、雑菌の餌となるミネラル分はほとんど含まれていません

そのため、タンクやチューブに不純物がたまりにくいという特性があります。

自宅でのこまめな掃除は必要ですが、清潔な状態を維持しやすいので、交換時期は2年~4年ごとに設定されています。

自動クリーニング

エコサーバー

エコサーバーの無料交換のタイミングは、4年ごとになっています。

交換の間隔が長い理由は、自動クリーニング機能がついているからです。

自動クリーニングは、熱水を循環させることでサーバー内部を除菌する機能です。

一度自動クリーニングの設定をすれば、自動的に作動し続けるのでうっかり忘れることもありません。

注意
アルピナウォーターのエコサーバーは、提供エリアが限られています。

提供エリア:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県(一部地域を除く)

コスモウォーター

コスモウォーターの水は、2020年に世界最大級の水の品評会で金賞(※)を受賞しています。

採水してから、48時間以内に天然水を出荷するという新鮮さも魅力の1つです。

※世界最大級の水の品評会である「Berkeley Springs International Water Tasting」で金賞受賞(2020年)

密閉型ワンウェイボトル

全機種対応

コスモウォーターの密閉型ワンウェイボトルは、外気を極力取り込まないように収縮するので、最後まで新鮮な水が飲めます。

Wクリーン機能

smartプラス

smartプラスには、2つのクリーン機能がついています。

クリーンエア:タンク内に侵入するわずかな外気もクリーン処理して、雑菌の侵入を防ぐ
クリーンサイクル:48時間ごとに熱水をサーバー内部に循環させて清潔な状態を維持する

アクアクララ

アクアクララは水代が安く、購入ノルマがありません。

また、サーバーの種類が豊富な点も魅力のウォーターサーバーです。

エアフィルター

全機種対応

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターには、サーバーが6種類あり全体的にデザイン性が高い点が特徴です。

ワンウェイシステム

全機種対応

プレミアムウォーターのワンウェイシステムは、密封度が高く収縮するボトルが採用されているので衛生的です。

加熱クリーンシステム

cado×PREMIUM WATER
amadanaウォーターサーバー

cado×PREMIUM WATERとamadanaウォーターサーバーの2機種には、加熱クリーンシステムがついています。

スイッチを押すと作動し、温水タンクのお湯を冷水タンク内に循環させて、サーバー内を熱殺菌します。

2時間ほど冷水タンク内の温度が約70℃まで上がるので、清潔な状態を維持できます。

定期メンテナンスを実施しているウォーターサーバー

メンテナンスといえば、自宅に専門スタッフが訪問して洗浄する、という印象が強い方もいると思います。

メンテナンス不要のサーバーは、衛生面を考慮してつくられているので、日頃の簡単なセルフメンテナンスだけで問題ありません。

しかし、「メンテナンス不要のサーバーです」と言われても、不安になる方もいるでしょう。

そこで、専門スタッフがメンテナンスをしてくれるサーバー会社を4社紹介します。

アクアクララは有資格者がメンテナンスに対応

アクアクララでは、2年に1回サーバー本体を回収し、メンテナンスを実施しています。

専任スタッフは、ウォーターサーバーのシステムと衛生の研修を受けて「洗浄メンテナンス資格(※)」を取得しています。※アクアクララ基準の資格です

・細かいパーツを分解・洗浄
・消耗した部品の交換
・組み立て後の動作確認
・サーバー内部・外部の除菌洗浄

メンテナンス料金は?

アクアクララのメンテナンス料金は、毎月支払う「あんしんサポート料」に含まれているので、追加料金は不要です。

月々の料金は1,100円~3,300円(税込)と、機種やプランによって異なります。

プレミアムウォーターは2つのクリーニングサービスを用意

プレミアムウォーターのサーバーは、簡単なセルフメンテナンスで衛生的に使用できます。

しかしそれだけでは不安な方のために、「訪問クリーニングサービス」も用意しています。

・サーバーの状態を確認
・電解水による内部洗浄
・サーバー本体のボトル差込口の清掃
・冷温水コックの清掃
・水受け皿の清掃
・電源状態の確認
・放熱板の清掃

また、自身で内部洗浄ができる「セルフクリーニングキット」2,255円(税込)も販売しています。

セルフといっても、細菌やウイルスをほぼ死滅させ・除菌や消臭効果もある本格的なものです。

メンテナンス料金は?

訪問クリーニングサービスの料金は9,130円(税込)です。

MEMO
コックや水受け皿の交換が必要な場合は、訪問クリーニングサービス・プラス(10,780円/税込)も選択できます。

※沖縄に住んでいる方は、訪問クリーニングサービスおよび訪問クリーニングサービス・プラスの利用はできません

クリクラは1年に1回の定期メンテナンス

クリクラ(省エネサーバー)

出典:クリクラ

クリクラでは、年に1回メンテナンスを行い、新品同様のサーバーと交換するサービスを行っています。

・冷温水コックの交換
・温水のチェック
・サーバー本体の点検・清掃・消毒
・サーバー外部の汚れやほこりを清掃

メンテナンス料金は?

クリクラでは契約のときに、月額460円(税込)のあんしんサポートパックに加入します。

これには、定期メンテナンスと故障時の無償対応が含まれているので、メンテナンスで別途費用はかかりません。

ジャパネットウォーターは約2年に1回の訪問メンテナンス

ジャパネットウォーターは、約2年に1回のペースで定期的に専門員が訪問し、メンテナンスをします。

メンテナンス内容は、部品を分解し消耗した物は交換するというものです。作業時間は30分程度かかります。

メンテナンス料金は?

13,800円(税込)相当のメンテナンスを、約2年に1度無料で行います。

専門スタッフによるメンテナンスは必要?それとも不要?

専門的なメンテナンスが必要なのかどうかは、結局のところ考え方次第になるでしょう。

サーバー本体にクリーン機能があればよいと考える方もいれば、専門スタッフにやってもらったほうが安心と考える人もいます。

サーバー本体のクリーン機能と合わせてメンテナンスの依頼もしたいのであれば、プレミアムウォーターの「cado×PREMIUM WATER」か「amadanaウォーターサーバー」を選ぶとよいでしょう。

この2機種には加熱クリーンシステムがついているので、スイッチひとつで熱殺菌ができます。

ボトルは外気を極力取り込まないワンウェイシステムで、希望する方には専門スタッフによる訪問クリーニングサービスも行っています。

セルフメンテナンスの方法

ウォーターサーバーを清潔に保つには、日頃のセルフメンテナンスが大切です。

基本的にどのウォーターサーバーも、セルフメンテナンスだけで快適に使用できるようになっています。

自宅で簡単にできる、セルフメンテナンスの基本を紹介します。

ボトルの差込口:ふきんで水分を拭き取り、アルコールスプレーをかけてさらにふき取る
蛇口部分:取り外せるパーツは中性洗剤で洗い、細かい部分は綿棒を使って綺麗にする(アルコールを含ませるのもおすすめ)
受け皿:取り外して中性洗剤で洗う
サーバー外部(前面):ふきんで拭き掃除をする
サーバー外部(背面):電源を切り、掃除機でほこりを吸い取る

掃除の頻度は、水ボトルを交換するタイミングか、1週間に1回と決めて行うのがおすすめです。

サーバー本体の背面は、ホコリが気になってきたときで構いません。数カ月~半年に1回程度で十分でしょう。

注意
サーバー本体の背面を掃除するときは、一時的に電源を切っても問題ありません。しかし、節電目的で電源を切るのはやめましょう。

電源を長時間切ると、細菌が繁殖しやすい環境をつくってしまいます。

もしも、長期の出張や旅行などでウォーターサーバーを使用しない場合は、サーバー会社に相談するとよいでしょう。

公式ホームページでメンテナンス方法を確認しよう

各サーバー会社の公式ホームページでは、機種ごとのセルフメンテナンス方法がわかります。

フレシャスでは、動画つきでメンテナンス方法を説明しています。

セルフメンテナンスはこまめに行う必要があるので、面倒に感じる方もいるでしょう。

しかし、一度掃除方法を覚えてしまえばそれほど手間はかかりません。

まとめ

ウォーターサーバーを100%活用するためには、衛生面への配慮は欠かせません。

サーバーを清潔に保つために、定期的にセルフメンテナンスを心がけましょう。